複数枚投稿を雑誌風にするインスタグラムマガジンとは

スマホを持っている女性

インスタグラムといえば写真とコメント、そしてハッシュタグの3点セットで投稿されるものが一般的です。今でもこういったスタイルで投稿している人は多いですが、人気インスタグラマーを目指すならもう一工夫すると注目を集めやすくなるでしょう。

最近は1投稿を雑誌のように編集するスタイルが流行しています。1投稿につき複数枚の写真が付いていて、そこに文字(キャプション)や物語が組み合わされたものです。1枚目の写真は雑誌表紙のようにアレンジされたものもあります。雑誌のように凝った編集が行われていると難しいと思うかもしれません。しかし、アプリを使えば簡単にプロ並みの表紙や複数枚の投稿を可能にします。インスタグラムマガジンを作ってみましょう。

インスタグラムマガジンを作るときに参考にしてほしいアカウントがあります。それが、しゃしんのわとつちめい飯。です。どちらも複数枚投稿をよくしており、良質なインスタグラムマガジンです。しゃしんのわは仲間で写真を撮って上達することをテーマにしたもので、各地方に会があります。つちめい飯。は投稿すれば1,000件もいいねが付く人気アカウントです。どちらもユニークな写真を撮る技術やアイデアの参考になります。しゃしんのわは各地で写真会を行っており、参加すればテクニックや知識を学べるチャンスがあります。もっと写真が上達したいと考えるなら参加してみましょう。つちめい飯はアカウント名からも分かる通りインスタ映えするグルメ写真が主です。食べ物に対する愛が伝わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

日常的な写真を撮影するときに参考になるcocoronedaysというアカウントも人気です。cocoronedaysは、うつわや花、朝ごはんなど日常を切り取った写真に定評があり、暮らしの豆知識なども発信しています。雑誌の表紙を飾ってもおかしくない写真ばかりです。

日常系のウェブメディアはkurassoも人気です。マイナビウーマンが運営するkurassoは、ホームページがある他、インスタグラムやTwitterでも発信しています。写真には文字(キャプション)がよく付いており、文字の大きさやバランスは参考になるでしょう。

ちなみに、ここで紹介したメディアが凝ったコンテンツを作っているのにはいくつか理由があります。一つは滞在時間が長くなることです。インターネットではユーザーが訪れてもコンテンツがなければ、すぐに他のサイトに移ってしまいます。それでは広告効果や宣伝効果は少なくなり、どれだけユーザーの滞在時間を長くするかは多くのメディアが取り組んでいることです。あなたのアカウントも凝ったコンテンツを投稿しユーザーの滞在時間が長くなることで、フォロワーが増えたり、いいねが増えたりすることでしょう。